ガラクタだけが人生だ

コックピットの制作は終了しました。スミマセン…
サイト再構築中のため、一時的に表示がめちゃくちゃになっていることがあります。

<< 新エンジンで組んだけどTOP PAGEキャンプ積載・改 >>

復活しました

やっと復活した〜

通勤マシーン・サンカンドゥ、やっとこ復活。いやー辛かった。今回は本当にしんどかったよ…

結局何が悪かったかというと、シリンダーボルトの締め付け不良でしたorz
規定トルクぐらいで締め付けたつもりだったんだけどなあ。あとで緩んだみたい。まあガスケットとか新品じゃないしね←ダメじゃん
そういう時はある程度割り増しで締め付けたほうがいいみたいです。

エンジンって中で爆発が起こってるから、「締め付けが弱かったら爆発で飛んじゃうのでは?」とか思いがちですが、緩んだ時点で圧縮が抜けて爆発しなくなるので、そういう心配はないわけですな。それを実証した失敗でした。

現在の仕様は、シリンダー49cc+ハイスピードプーリーとなっております。最高速度はメーター読みで68くらい。

実は手元に新品の62.9ccシリンダーがあったりするのですが、仕事が今すごく忙しいし、セッティング出す気力も時間もないので、少しノーマルで調子をみてからということで。

しかしノーマルシリンダーってキレイに回ってくれて気持ちいいね。セッティングとかマジ簡単。そりゃボアアップと比べたら非力ですが、やっぱり49ccで全体が設計されてるモノだから、49ccならではの快適さ、おさまりの良さってありますね。
シリンダーはノーマルで駆動系のみ変更ってのが一番かしこい楽しみ方なのかもなあ…30km制限はイヤだけど…

あと、写真見てわかるとおり自作ウインドシールドがちょっとだけ変更されてます。遮風性能を強化。
シールド部分とフロントカウルの間から入る風がちょうど膝頭に当たって膝の健康に悪そうなので、いわゆるタレつき風防にしてみた。でもバタバタする布を下げるのも何か趣味じゃなかったので、厚さ12mm程度のスポンジシートをシールド側の下端に強力両面テープで貼り付けてあります。
スポンジがフロントカウルをちょっと擦るわけですが、抵抗は体感的にもゼロなので問題ないと思います。
幅わずか8cm程度のスポンジですが、効果は非常に大きくて、60くらいで流してても膝が寒いと感じることはなくなりました。
なにはともあれ復活ってことで、またいろいろ書き込みなどしていけると思いますんで、よろしくお願いします。

COMMENT or
E-MAIL
このページにコメント
AMOにメール(ページには掲載しません)
NAME
E-MAIL
 ADDRESS
メールの場合は入力。未入力だと、AMOからお返事が出せません

COMMENT

CHECK

スパム対策のため、入力をお願いします
「紐」の読みをローマ字4文字で
 
<< 新エンジンで組んだけどTOP PAGEキャンプ積載・改 >>