ガラクタだけが人生だ

コックピットの制作は終了しました。スミマセン…
サイト再構築中のため、一時的に表示がめちゃくちゃになっていることがあります。

<< トルクカム加工 TOP PAGEサイドカバー補修 >>

ジュリオ死ぬな〜

20,500kmでちょっと異音が出始めました。
センタースタンドを立てて、ある程度回転上げるとシャー、とガーの中間くらいの音が、エンジンから。
んで、通勤の走行中にも、ちょっと今まで感じたことのない微振動を、左足の足裏に感じるようになってきました。

駆動系と腰上のどこかに原因があって欲しい!と願いつつチェックできるところはすべてバラしてみましたが、全く異常なし。

やはりクランクベアリングか?
2万kmは予想よりちょっと早かったかなあ。

ショップで交換となると、2万円は軽く超える。
自分で交換するにしても、特殊工具代がかなりかかってしまいます。やっぱり2万くらい?

乗り潰す=腰下壊れるまで乗る!と宣言してたのですが、撤回。腰下壊れても直して乗りたくなってきました。だって本当にジュリオ好きなんですよ…

クランクベアリング換えるより、あまり走ってない中古エンジンに乗せ換えちゃったほうがいいかなあ。¥15,000くらい出せば結構いいのがありそう。

「ぎざぎざとケースのつっかい棒方式」でプーリーフェイスのナット緩めたりしてたから、クランク軸もかなーりブレブレじゃないかと思うんですよね。それでベアリングの負担も大きくなったのでしょう。
だから腰下直すとなったらクランクAssyも換えたいところだよね…そうするとやっぱし若い中古エンジン探して乗せ換えたほうが割が良いかも。

えー、というわけで、一応方針としては代替エンジン調達ということで、現在のエンジンは止まるまで乗ってみます。



ここから余談ですが

自分がもしお金持ちだったとしても、腰下壊れてもまだ乗る、って選択をするだろうか?と考えてしまうときがあります。

新車とか買ったときに「気に入った!乗りつぶす!」って言う人いっぱいいますが、みんな結構、口先だけですよね…経済的に余裕がある人は、新しいものをどんどん買っていきますね…

一つの物を直しながら長く使うって事と、経済的余裕の程度は、絶対に相関関係あると思うので、自分がジュリオに長く乗りたい!と思うことが、貧乏に根ざしているとしたら、ちょっと悲しい。違うと信じたいけど、証明できない。

もしお金持ちだったら、さっさと12万払って大型免許を買って、MT-03とかドミネーターとかペガソとかSLR650とかVIGOR650とかTRANSALP650とか、乗り回してるのかな。今の自分からしたらそんな自分なんかヤだなーと思いますが、でもヤだなーと思う理由を考えてみると結局自分の卑屈さに行き着くわけで、そっちのほうがもっと嫌かも。

【U・G】
ウチのリードも32500kmを過ぎ、そろそろ同じ選択を迫られそうです。
ただ、悪あがきで潤滑向上とか皮膜生成とかのケミカル使ってます。
円陣家至高というところの商品ですが、個人的には気に入っています。
【U・G】
連投、失礼します。
私がお金持ちだったら、気に入ったバイクなら、惜しげもなく修理しますよ。(言い回しが変?)
消耗部品とか、ガンガン新品にしちゃいます。(今は、限界まで使わないと交換しませんからね。)
【アモ】
そうですねえ。お金があったら、カウルとかも一通りストックしておきたいですね。
あと、自分の理想である「4st125のジュリオ」を作り始めてしまうかも。
【うちいつ】
マフラーの問題ではないでしょうか?
自分の原チャもガラガラとかいうおとがしたのでマフラーの中にカーボンがたまったのだと思ってとったら音はなくなりましたよ!

マフラーをこんがり♪焼いて冷めたらトンカチでへっこまない程度に叩けばとれますよ〜
【うちいつ】
失礼…
エンジンからでしたか(笑
【アモ】
うちいつさん、コメントありがとうございます。
音の発生源を完全に確定できたわけじゃないので、もしかしてマフラー内部で何かが振動してる可能性もありますね…調べてみます。

COMMENT or
E-MAIL
このページにコメント
AMOにメール(ページには掲載しません)
NAME
E-MAIL
 ADDRESS
メールの場合は入力。未入力だと、AMOからお返事が出せません

COMMENT

CHECK

スパム対策のため、入力をお願いします
「薔薇」の読みをローマ字4文字で
 
<< トルクカム加工 TOP PAGEサイドカバー補修 >>