ガラクタだけが人生だ

コックピットの制作は終了しました。スミマセン…
サイト再構築中のため、一時的に表示がめちゃくちゃになっていることがあります。

<< ジュリオの近況TOP PAGEGIVI箱装着 >>

エンジンNo.3

仕事の忙しさが少し落ち着いてきたので、日曜などの休日は
昼食まで仕事→昼食後から夕食まで自由時間→夕食後から寝るまでまた仕事
ってなパターンもアリになってきました。

そんな感じでこの3連休x2を利用して、ジュリオの新エンジンを組んでみた。
エンジン下ろした2 相変わらずガレージはないので車をどかして駐車場で作業。休憩用のアウトドアチェアも出してあったりします。

エンジン外すのも結構普通に作業できるようになってきましたが、エンジンハンガーの固いボルト緩めるときのガギギギって感触は慣れない。何か壊してるような気持ちになる。
ヤフオクで落札した中古エンジンは、7500円でした。送料入れると約9000円。
前回落札したものはエンジン本体+インマニ+キャブだけだったのですが、今回はそれに加えて
・ホイール
・9部山のリアタイヤ
・マフラー
・エアクリーナーボックス
・リアサス
がついててかなりお得でした。

で、肝心の状態ですが、クランクケースとファイナルギアは多分OK、まだまだ使えると思う。といっても開けたわけじゃないから、アイドリングや走った音で判断してるだけですけど。

ただ、ファイナルギアのオイルは、もうオイルっぽくなくて「黒い臭い水」になっちゃってました。で、4ストエンジンオイルにNNLを3%混ぜたものに交換。
これはひどい1 それと、エアクリーナーが酷かった。
エレメントは専用品じゃなく、板のスポンジをカットして作ったものが入っていたのですが、間違って小さく切りすぎてて、サイズが足りてないんだよね。で、その隙間に、スポンジの小さい切れ端を詰めて取り繕ってあった。
でも当然隙間があるので、本来クリーンルームになっているべきエレメントの向こう側に結構なゴミと汚れが…

さらに、ちゃんとエアクリケースのふたがぴったり嵌まってない状態で無理矢理ネジ止めされていたせいで、はめ込みガイド部分が変形してしまってる。
この変になったはめ込み部分を直すのに苦労した。

オーナーが自分でされたのか、ショップでされたのかはわかりませんが、コレショップだったら相当酷いな、って感じです。
これはひどい2 あと、ウェイトローラーは芯の金属がむき出しになるまで削れてました。純正じゃないので一回変えてあるけどこんな減り方って良品ではなさそう。

ウチのジュリオも人にはかわいそうと言われるけどこのエンジンもかなりかわいそう。

外装はきれいに洗車して、ヒカリモノとかピカピカつけて大切にされてるように見えても、中身はこんな感じのスクーター、結構多いのかもなあ… AMOは逆で外装が汚いですけどね…
でもまあクランク周りとファイナルギアさえ大丈夫ならあとはどうにでもなるので。
エンジン付け替えた後の作業は

・デイトナハイスピードプーリー移植
・ウェイトローラー新品交換
・エアエレメント純正新品交換
・ドライブベルト純正に交換
・ギア削除済みオイルポンプシャフト移植
・ディンプルドインテークマニホールド移植
・自作の調節式エアクリ吸い込み部移植

で、最後に新品の60ccシリンダーを組む。面倒なのはこれ。なんで面倒かというと…
いままで何回もやった結果、安価なキットのボアアップは、抱きつく(抱きつきかける)→アタリがきつい部分を磨く、の調整を何回かやらないとダメ、という事を覚悟したからです。

今回は2回でした。一度目は1kmくらい走ると減速。急いで停まって、押して帰って、ばらしてピストンのキズを磨く。

2回目は5kmくらい普通に走れたんですが、回転上げるとやはり抱きつきかけのようなパワーダウンと、焼けてる匂いが出たので、ゆっくり家に戻って、ばらして磨く。

で、3度目の正直。これが大当たり。

すごいパワフルなエンジン出来た\(^o^)/
加速も登坂力も最高速もおそらく今までの中で一番いいと思う。音も別にうるさくないし、アイドリングも安定してる。

最後に組んでから150kmほど慣らし走行して、そのあと全開走行を試してみましたが、ちょっと速すぎて怖い。今までは
「メーター右端まで普通に加速して、そこからは徐々に伸びてメーター針水平へ」って感じだったのが、今回は「メーター針水平まで普通に加速、そのあとまだ徐々に伸びていく」って感じです。

そこまでやっても抱きつき気味の症状も出ないし、偶然ちょうどいい感じのクリアランスになったのだろうか。いや、そう信じたい。

なんていうか…すごく嬉しいです。幸せ。
ジュリオ廃車にしなくて本当に良かった!

今後近場でしばらく(数百km程度)走って信頼性が確認できれば、今度はジュリオで日本海へ抜ける旅がしたいです。
ちなみに、驚く人いるかも知れませんが、なんと、60ccの自己ベストコンディションが出ている、現在のメインジェットって、78番なんです(ノーマルと同じ)。
そんで、エアクリの吸気抵抗も、ノーマルよりほんの少し緩めた、ってくらいです。パワフィルとかだと全然緩すぎです。走らないと思う。

ボアアップのセオリーから言ったらジェット類ちょっと上げるべきなんだけど、どうも濃すぎになる。
マフラーノーマルで、キャブ〜リードバルブもノーマルだから、ってのもあるけど、ネットで調べたら、ディンプルドインマニでガソリンの混ざりが良くなると濃くなるかも、とあったので、そのせいもあるのかもしれません。

多分燃費は相当いいとこ狙えると思うんですけどね。まだ測ってないですが。

とはいえ、まだ組んだばっかりなので、浮かれてないで安全運転で慎重にモニターしていきたいと思います。

【D.Wolf】
 結局、スペアエンジン入手して直したんですね(o^-')b

 無事、直ってよかったです。

 故障PS2は、ものによってはバラして内部レーザー出力をいじるだけでまた使える(遊べる)ようになる固体があるから引き取ってるんじゃないかな?

COMMENT or
E-MAIL
このページにコメント
AMOにメール(ページには掲載しません)
NAME
E-MAIL
 ADDRESS
メールの場合は入力。未入力だと、AMOからお返事が出せません

COMMENT

CHECK

スパム対策のため、入力をお願いします
「異端」の読みをローマ字4文字で
 
<< ジュリオの近況TOP PAGEGIVI箱装着 >>