ガラクタだけが人生だ

コックピットの制作は終了しました。スミマセン…
サイト再構築中のため、一時的に表示がめちゃくちゃになっていることがあります。

<< 冬ジャケットの感想TOP PAGEベルト&ローラー交換 >>

二段ベッドの時計置き

久しぶりの木工ネタ。って言ってもまた手抜きですが…

2段ベッドには宮がないからね

長女が2段ベッドで寝てるのですが、目覚まし時計を置くところが無いと言ってこんなことをしてました。

ピンクの物体はキティちゃんの目覚まし時計。

手近のもので間に合わせの巣をつくるのは確かに自分の血が流れてるなあという感じですが、これじゃすぐ落ちるし張り出した本が邪魔なので、棚をつけてやることに。

いろいろ構造を考えましたが、シンプルイズベストの法則で、こんなのできました。
ちょっと削りすぎた 溝掘っただけのワンバイの端材。

ちょっと削りすぎ。18mmを10mm削って8mm残すはずだったのになぜか5mmしか残ってない。設定ミス。へたくそ。

ちょっと力かかったら割れるなこれは…
まあ割れたらもう一回作ります。

ここから割れないように改良するなら4mmのシナベニヤを同じ大きさに切って、ボンドベタ塗りで上に貼り付けてやったらよさそう。でも手持ちに4mmシナベニヤがないのでやらないw

目覚まし時計の止まり木

とりつけるとこんな感じ
左右にスライド移動できます。

3段の横桟のどの段にも取り付けできるし前後逆もOK。

自作トリマー盤 結構活躍中

使った道具はこれ。EWT−400を裏から取り付けた自作トリマー盤。

適当な板をクランプしてガイドにし、材を滑らせるだけなので作業は簡単。音がうるさいけどね。

構想だけはいつも立派 凝りたい人は、もう少し厚い板から削り出すか、下の支え部分のところに追加の板を貼りつけて削ったりして、図のような断面にしたらトレビア〜ンな感じに仕上がると思う。あと塗装。

天板の形もただの四角じゃなくてちょっと洒落た形にしたらカワイイかも。ソラマメ型とか。

COMMENT or
E-MAIL
このページにコメント
AMOにメール(ページには掲載しません)
NAME
E-MAIL
 ADDRESS
メールの場合は入力。未入力だと、AMOからお返事が出せません

COMMENT

CHECK

スパム対策のため、入力をお願いします
「演歌」の読みをローマ字4文字で
 
<< 冬ジャケットの感想TOP PAGEベルト&ローラー交換 >>